栄養の宝庫である「卵」に迫る

栄養管理にぴったりの食材

身近な食材でスーパーに行けばいつでも購入できる卵は、栄養管理に役立つ優れた食品の代表格と言えます。
積極的に毎日の食生活に活用したい、栄養の宝庫である卵の秘密についてご紹介します。

コレステロールが高いから食べられないのは誤解

「自分はコレステロールが高いから、健康管理のために卵の摂取をできるだけ控えている」という方も多いですが、コレステロールに関して誤解をしている方も多いようです。
コレステロールは適量であれば私達の体に必要なものであり、存在していなければ健康的に生活できません。
元々コレステロール値が高い方は、卵を食べると更にコレステロール値が上がってしまいそうで食べられないと思い込んでいるようですが、実際には卵を食べたからといって上がることがないとされています。
これは卵黄に存在しているレシチンが悪玉数値を下げ、卵に存在しているオレイン酸が調整が難しいとされる悪玉と善玉のバランスを整えてくれるからなのです。

豊富なアミノ酸が含まれている

卵には豊富なアミノ酸が含まれており、バランスが非常に良いことが知られています。
卵2個分で一日に必要なタンパク質の約3割を補えることから、良質なタンパク質源としても活用できます。
栄養バランスの良い食生活を目指すためには、卵を活用することで十分役立つと考えられます。

健康維持に役立つ効果

卵に含まれている栄養素は様々な効果をもたらすことがわかっています。
例えばレシチンにはコリンという成分が含まれており、脳を活性化する働きが期待できます。
生活習慣病の予防や優れた抗酸化作用をもたらすことで美肌維持にも役立ちます。
また、風邪の予防や改善にも役立つ食材として活用できます。

卵の摂取方法

卵に含まれる豊富な栄養素を補給するためには、卵を活用した料理を毎日作って食べることをおすすめします。
卵の栄養をしっかり補給するためには、卵の品質にも気を使うようにしてください。
親鶏に対して抗生剤をたっぷり使ったエサを活用して生まれた卵を一生懸命食べていても、あまり健康維持に役立つとは思えません。
むしろ、体に悪い成分だけが蓄積する可能性もあるので、少々お値段が高くても安心して口にできる卵を選ぶようにしてください。

もっと手軽に良質な卵の栄養素を補給する方法としては、サプリメントを活用するという選択肢もあります。

参考:http://www.e-ranyu.com/

このサプリメントに使われている卵は沖縄の悠大な自然環境の中でのびのびと育った鶏が生んだもので、親鶏のエサには添加剤や薬剤は一切含まれていない自然飼料が使われています。
このような安心して口にできる卵がなかなか見つからないという方は、サプリメントで手軽に栄養補給するという方法もおすすめです。