がん予防に効果的な食材5つ

毎日の食生活で予防を!

日本人の2人に1人の割合でがんになる可能性があると言われている時代に生きる私達は、誰もががんになる可能性を考えながら生活しなければいけません。
昔はがんになると死に至る可能性が非常に高かったのですが、現在は早期発見で適切な治療を受けることで完治を目指せる病気になったため、普段からがん予防を心がけながら注意して過ごしている方も多いです。

がん細胞は正常な細胞が突然悪さをもたらす存在になるものなので、誰でもがんになる可能性はあるのです。
何かをきっかけにして悪い細胞に変貌するのかは人それぞれ原因があると言われていますが、特に注意したいのが食生活だとされています。
食生活があまりにも乱れているとがんになりやすいと言われているので、規則正しい食生活を心がけることががん予防の基本になります。

規則正しい食生活の中でもがん予防に効果的な食材を積極的に補給すると良いと考えられます。
特に野菜や果物を積極的に食べるのが理想的と言われていますが、その中でも特に効果的と考えられる食材を5つご紹介します。

ニンニク

独特の臭いを放つニンニクには硫化アリルという成分が含まれています。
ビタミンB6、マンガンを多く含んでいる特徴がありデトックス効果を高める作用も期待できます。
免疫力アップにも良い効果をもたらすとされており、生のニンニクを細かく刻むと更に効果的と言われています。
ニンニクは料理の風味をアップさせるためにも役立ちますし、醤油入れに細かく刻んだニンニクを入れておけば万能調味料としても活用できて便利です。

トマト

真っ赤なトマトに含まれるリコピンは抗酸化作用が高く豊富なビタミンを含んでいることも大きなメリットになります。
がんや心臓病のリスクを下げる効果が期待できると言われています。
ちなみにリコピンは生食用のトマトよりもトマトジュースやトマト缶などに使われているトマトに多く含まれていると言われています。

キャベツ

抗酸化作用が期待できる成分を含んでいることで注目されており、抗がん作用が高い食材と言われています。
特に女性ホルモンのエストロゲンが関連する乳がんや子宮がんなどに効果的と言われており、デトックス効果も高いとされています。

レモン

抗酸化作用の高いビタミンCを豊富に含んでいます。
リモノイドという独自の成分にはがんのリスクを低減する作用があると言われています。
コレステロール改善にも役立つため心臓病対策にもおすすめです。

玉ねぎ

抗酸化作用が高いと言われている食材で、がんや認知症予防などにも役立つと言われています。
自然に老廃物を体外へ排出させるデトックス効果も高いことが知られており、日常的に活用しやすい食材になります。