ストレスをためない方法

日本人は特に注意したいもの

現代人は様々なストレス要因と戦っていると言われていますが、日本人の場合はとても勤勉な性格の人が多いことから、ストレス解消をしないままストレスを感じる環境の中で生活し続ける傾向があるため、どんどんストレスを溜め込んでいると言われています。
ストレスは心身に悪影響を及ぼす大きな原因になりますが、目に見えるような存在ではないため、なかなか他人に理解してもらえないという厄介な存在です。
心身に悪影響が出てくる前にストレスをためない方法を実践し、快適に過ごせる生活を目指しましょう。

参考:http://www.mhlw.go.jp/kokoro/first/first02_2.html

普段の生活を見直しましょう

ストレスは日常生活が原因でどんどん溜まっていく可能性があるため、日頃からストレスフリーな生活を目指すようにしてください。
特に注意したいのが生活習慣で、食生活の内容や運動習慣の有無がストレスを解消できるか否かに関わってきます。

食生活の内容が添加物たっぷりの加工食品や脂っこい料理ばかりなど明らかに健康を害するような内容が続いていると、自分では気付かないうちに体に大きな負担を与えています。
このような食生活が続くと内臓に大きなストレスがかかってしまう結果になり、内臓機能が急速に低下する要因にもなります。
特に胃腸が弱ってくると常に気分が悪くてイライラが募り、ストレスが更に増えるという負のスパイラルに陥ってしまうのです。

運動習慣も大事なことで、一日に30分程度でも良いので適度な運動を続けることがストレス解消に繋がります。
あまり運動が得意ではないので、運動をすることがストレスになりそうと感じる方もいますがそんなことは思わないでください。
特に激しく体を動かすような運動をする必要はありませんので、例えばウォーキングなど無理のない運動からスタートしてみてはいかがでしょうか。

頑張り過ぎない

日本人の場合は自分を追い込み過ぎる人が多く、頑張り過ぎることがストレスを溜め込む原因になっています。
自分の限界を超えてまで仕事に打ち込んだり、忙しいからと十分な休息もとらずに仕事をしているという方も多いです。
そんなに頑張りすぎてもストレスを溜め込んで体を壊し、仕事ができない状態になってはあまり意味がないと考えるようにしてください。
疲れを感じた時には無理せず休むように心がけ、できるだけ頑張り過ぎないようにすることが大切です。

悩みは誰かに相談を

どんな悩みがあったとしても、自分一人だけで抱え込んでいてはストレスを溜め込む原因になります。
たとえ問題解決に繋がらなくても、自分の悩みを誰かに打ち明けてみると気持ちがスッキリとするものです。
困ったことがあればあなたの友だちや親、兄弟、恋人など誰でも良いので遠慮なく相談してください。
周りに相談できるような人がいないという場合は、医師やカウンセラーなどでも構いませんので誰かに相談することを心がけましょう。