どこでも坐禅で心のゆとりを手に入れよう

現代人は常にイライラ、そこで座禅をしてみましょう

現代人はとにかくストレスを受けることが多いといわれています。
社会が複雑になったことなどもありますし、人間関係もスマホなどの登場で様々な人とのつながりが多くなり、より一層複雑化しています。

自分ではそんなつもりがないのに、「どうして今日はそんなにイライラしているの?」といわれて「はっ」とする事もあります。
お子さんに当るつもりなんてないのに、後から考えてみたらああ、私はイライラして子供に当ってしまったんだ・・・と、かなり落ち込んだりもします。

仕事、人とのお付き合い、家事、育児、そして家族の事等、男性も女性もとにかく時間に追われて毎日一杯一杯で生きている方も多く、その為、常にイライラした状態となっている方も多いのです。
でもこうした状態は自律神経のバランスを崩しますし、自律神経のバランスが乱れることでホルモンバランスも乱れます。
すると体のあちこちに支障が出てきますので、ストレスを解消しリラックスできる時間を作る事が求められるのです。

そこで現代からの逃避・・という事ではありませんが、心をしっかり落ち着かせてどんな時でもすっと安定に持っていけるようになるといわれる「座禅」をお勧めします。

座禅とはどういう事を行うのか

座禅は座った状態で心を落ち着かせる、無にする、精神統一するという方法で、禅寺などではよく行われている修行のひとつでもあります。
座禅と聞くとあの修行僧の方々が行っている厳しい座禅?と思ってしまう方も少なくないのですが、精神統一の方法ですから、どこでも誰でもできる方法といえるのです。

自宅でもオフィスでも、ちょっとした場所があればできる座禅にはどのような効果が期待されるのかというと、まず継続的に行い心を安定させるという事が自分でコントロールできるようになれば、心を常にいい状態に保つことができます。

心が落ち着かない時でも座禅を行う事で物事に集中する事が出来、今この時点で何をやるべきなのかという目標もはっきりします。
周囲の目が気にならなくなり、人に惑わされるという事がなくなるので、人の意見に流されたり、同調してしまうということもなく、常に自分をしっかり持っていることができます。

絶対に毎日座禅を組んで集中する!!なんていう勢いで行うと疲れてしまい、だんだんとやらなくなってしまうので、「なんかくたびれたからちょっとリフレッシュしよう」くらいの気持ちで座禅を組むといいでしょう。

座禅を行うために必要なものは?

座布団、リラックスできる洋服というものがあればどこでもできます。
自宅にいる場合には、座布団を1枚床へ、1枚は2つに折ってお尻の下に引いて座禅を組むといいでしょう。
キレイに座れないという人も無理せず、膝の痛みなどを抱えている方は、負担の内容に座り、精神集中すればいいことです。

静かで自分が精神を安定させられる場所ならどこでも構いませんし、書斎、寝室等色々な場所で行ってみて、一番ほっとできる所で行うと集中して行う事が出来るようになっていきます。