精神安定の為の「腹式」「胸式」呼吸法

あなたの代謝は高い?低い?しっかり呼吸して代謝を高くしましょう

代謝が低い状態、これがダイエットの敵になる事、太りにくい体質となってしまうという事は、世の中の多くの女性が知っていること、理解されていることだとも思います。
新陳代謝が低いという事に加えて、年齢を重ねると顔のたるみ、目のしわも気になり始めます。

人と同じ行動をとっているのに、なぜかイライラしやすく常に気分が憂鬱など気分にむらがあるという人などは、その背景に呼吸の浅さがあるかもしれません。
普段気にせず行っている呼吸をちょっと確認してみてください。
浅い呼吸も、人よりもかなり浅いと感じる場合、上手くストレスを発散できないタイプなのかもしれません。

呼吸ではなく呼吸法を行う

無意識に行っているのは呼吸、新陳代謝を向上させたり、ストレスを軽減するために行う呼吸は「呼吸法」です。
酸素を取り入れて、二酸化炭素を吐き出す、という行為が生きていくための術となるなら、呼吸法というのは心と体をうまく調整するための健康法ともいえるのです。

体の内側の芯にある体幹部分の筋肉をきちんと動かす、この運動こそ呼吸法です。
日本では古くから、武道の中に呼吸法が取り入れられ、相手の呼吸を読みタイミングを見計らい攻撃する、防御するという事を行いますが、これには体幹部の動かし方を掴むことが必要です。
体幹部の筋肉を鍛えるという事は、心地のいいダイエットにもつながる事なので、女性もこの方法をマスターすれば、太りにくい体に持っていけるチャンスという事です。

姿勢を真っすぐと若々しく保つ、しゃんとしていつまでも若い印象にしたいという時にも、体幹が関わります。
姿勢を整える、維持するという時には、抗重力筋を利用します。
中でも脊柱起立筋という筋肉は、呼吸をしっかり整える、サポートする大切な筋肉となるので、呼吸法をしっかりマスターする事で姿勢をきれいにするという効果も期待できるのです。

呼吸法によって得られる効果は、心の安定、姿勢の美しさ、肩こりの改善、新陳代謝の向上とダイエット効果、そして自律神経を鍛えるというものです。

腹式呼吸をしっかり覚える

腹式呼吸は呼吸法の中でも一番基本となる呼吸の方法となりますので、きちんと覚えて実践しましょう。
鼻からゆっくり息を吸いますが、この時お腹をゆっくり緩め、そのままゆったりとふくらましていきます。
慣れていない人は、お腹の上に手を置いて、膨らんでいくのを確認しながら行うといいでしょう。

腹式呼吸の最大のポイントは「吐く」事で、これがうまくなるときれいな腹式呼吸ができるようになります。
口からゆっくりと口笛を吹くように少し酢ずつ、お腹をゆったりとへこませながら息を吐きます。
イメージとしては、お腹が筒のように縮まっていく・・・というイメージです。

この基礎の腹式呼吸をマスターし、毎日行うだけでも効果が期待できますし、その他の呼吸法を日常の中に取り入れることで、より一層、ストレスに強く健康的な身体に出来るのです。