服を着たままで乾布摩擦!?実は効果抜群の健康法です

乾布摩擦?そんなの寒くて無理?という方へ

最近はほとんど見かけなくなりましたが、昔は近所のおじさんが寒い冬場だというのに上半身裸でタオルを使って体をごしごしする姿を見たことがあるという方もいるでしょう。
幼稚園や小学校でも乾布摩擦を行う所があって、健康のためとはいえ寒すぎる・・・と思いつつも冬場、ごしごしと体をこすった記憶をお持ちの方も少なくないと思います。

しかしこの寒そうな乾布摩擦が今、また健康にいいということで注目されているのです。
乾布摩擦といっても昔のように上半身裸で行うのではなく、洋服の上から行うという方法です。
洋服の上から体をこすってはたして効果があるのか?と疑問をお持ちの方もいると思いますが、洋服の上からでも体をこすることで健康効果があるといわれています。

洋服の上からごしごし・・・色々な効果が期待できる

肌を直接タオルなどでこする、これが乾布摩擦にとって大切な事と考えられていたのですが、肌が弱い人には刺激が強すぎて皮膚を傷つける要因ともなります。
乾布摩擦は、ごしごしと直接肌をこすらずとも、服の上からこする事でも様々な健康効果を期待できるのです。

洋服の上からでも肌がこすられ直接ではありませんが、刺激受けます。
これにより血管が広がり血液の流れがよくなることで、身体がポカポカと温まってきます。
寒い場所に行くと自然と腕をこすったり、足を擦ったりしますが、理にかなった事だったといえます。
血流がよくなって体が温まるので冷え性対策になりますし、新陳代謝を向上させることにもつながるといわれていますので、女性などにはピッタリです。

体をこする事で副交感神経が刺激され、これによって自律神経を正常にする働きも期待できます。
血行が良くなり体温も上昇し、代謝が上がる事で免疫力も高くなりますし、乾布摩擦をすると風邪予防になると昔からよく言ったものですが、免疫力向上効果が期待できるという事なら、風邪予防にも一役買ってくれそうです。

勿論新陳代謝が向上するという事は、ダイエット効果も期待できるわけで、特に冷え性、便秘がちで太り気味・・という方も乾布摩擦でダイエット効果を得られるかもしれません。

服の上から乾布摩擦、どうやってやるの?

血液の流れを意識し、血液を心臓に返してあげるお手伝いをするという気持ちで行うとスムーズにできます。

まずは、足の先端から膝まで左右往復15回、手先から肘まで左右往復15回。
次に膝から太もも、さらに足の付け根まで左右往復15回、肘から肩まで左右往復15回です。
最後にお腹から胸にかけて往復15回、最後に背中を往復15回行います。
背中は洗いにくいので、パートナーにやってもらいましょう。

行う時間はできれば朝、太陽の光を浴びることで体内時計もしっかり整いますので、朝の気持ちのいい太陽の光を浴びながら継続的に行いましょう。