豆乳ダイエット

女性におすすめのダイエット方法

女性にとって積極的に摂取したい食材とされているが大豆製品です。
大豆には女性ホルモンとそっくりな作用をもたらすと言われているイソフラボンが存在しているため、女性特有のトラブルを未然に防ぐためにも活用したい食材とされています。
その中でも特に注目したいのが豆乳で、様々な栄養素を含む優れた食品です。
豆乳を活用することでより高い効果が期待できるダイエットも実践できますのでぜひお試ししください。

参考:http://josei-bigaku.jp/seirimaetounyuudiet64587/

豆乳の主な栄養素

豆乳には様々な栄養成分が存在しているため、ダイエットに役立つ効果も十分に期待できる万能食品です。
有名な大豆イソフラボン以外にも豊富なタンパク質が含まれているのも特徴的です。
植物由来のタンパク質を含む食材の中でも特に大豆は畑のお肉と呼ばれるほど良い植物性タンパク質を補うことができるのです。
実は大豆のタンパク質にはβコングリシニンと呼ばれている成分が含まれており、これが内臓脂肪や中性脂肪を効率良く減らす役割を発揮するとわかっています。

生活習慣病の予防にも役立つと言われているのがサポニンで、抗酸化作用と血行を促す作用をもたらしてくれます。
肥満体型の方は動脈硬化のリスクが高くなると言われていますが、大豆に存在するサポニンの作用によって動脈硬化のリスクを低減できると考えられています。
また、レシチンは余分なコレステロールを体の外に出す役割を発揮でき、生活習慣病を引き起こす症状を予防する役割もあります。
私達の体に欠かせない必須脂肪酸のリノール酸も効率良く補給できるので、動脈硬化や高血圧の予防にも役立ちます。

他には大豆ペプチドの働きで基礎代謝アップに繋がり、余分な脂肪を効率良く燃焼させて免疫力をアップする働きをもたらします。
これらの様々な栄養素を手軽に補給できるので、毎日の食生活に豆乳を取り入れると良いと考えられます。

豆乳ダイエットのやり方

まずは豆乳をスーパーから購入する際にはパッケージに記載されている無調整豆乳、調製豆乳、豆乳飲料という違いをよく見極めてください。
最も効果的とされるのが大豆を絞ってすぐの状態で作られる無調整です。
大豆の風味が強いため、苦手な方は飲むのが難しいですが、慣れてくると意外と飲みにくさを感じにくいでしょう。
調製豆乳や豆乳飲料は甘さが気になる部分なので、あまり人工的な味がしない方が良いという場合には迷わずに無調整豆乳を選択してください。

ベストなタイミングは生理7日前から生理直前までの一週間とされています。
一日に200mlまでを目安に飲むようにして、できるだけ余計な味付けをしない方がカロリーを無駄に摂取せずに済みます。
食事の直前や間食として補給するように心がけると良いでしょう。