青い部屋ダイエットの効果とやり方

ダイエットをするには食欲を抑えること

ダイエットを成功させるには食欲を抑えることが重要なポイントになります。
食べ過ぎないようにするのが一番効率の良いダイエットになるからです。

しかしながら、おいしい物を目の前にするとついつい食べてしまう場合も多くなりますので、後悔をすることになってしまいます。

仮に食欲を何らかの方法で制御することができるのであれば、ダイエットにおいて大きな威力を発揮してくれるはずです。
そんなことはできないと思うかもいるかもしれませんが、実は色によって食欲を制御することができるようになります。

自分の身の回りの色を工夫することによって自分の食欲を抑えることができるようになりますので、ダイエットを効果的に進めていくことが可能になります。
このサイトではダイエットを効果的に進めていくことが可能になる色による食欲の調整の方法について紹介をしていきます。

色と食欲の関係

色によって食欲を増やしたり減らしたりすることが可能になります。
例えば、明るい色(赤、オレンジ、黄色)を見た時には脳がおいしそうと感じて食欲を増やしてしまいます。

逆に寒々とした色ですと食欲が低下してきます。
たとえば青、紫、緑色などをモチーフにした食卓にすれば食欲を十分に低下させることが可能となります。

食器やマットなどにこれらの色を使ってみると大きな効果が期待できます。
食べ過ぎなどが起きにくくなります。

お箸やカップなどにも青色を使って見せてもいいでしょう。

料理と同じ色の食器を使うのもお勧めです。
一般的には料理の色とは違った器を使うと食欲が増すことになりますが、逆に同じ色の食器を使うと食欲が減少してします。

例えば野菜は青色のお皿、肉は茶系統のお皿を使ってみると良いでしょう。
白色のお皿はダイエットの場合には避けたほうがいいでしょう。料理が鮮やかに演出されることが多いので食欲を増加させてしまいます。

外出での食事の際も、お弁当箱の色を工夫してみてもいいでしょう。
青系のお弁当箱をいつも使うようにすると食欲を適度に抑えることが可能になるはずです。

食器以外の工夫

食事の際の食器の色を寒色系にするのがダイエットの際にはお勧めですが、食事をする場所の照明も同様に明るい感じではなくて寒色系のデザインにすると良いでしょう。

寒色系の部屋であれば、自律神経が刺激されることはありませんので、食欲が増えることはありませんので、食べ過ぎを防ぐことができるようになります。

照明装置を変えると費用が掛かってしまうかもしれませんので、電球の色だけを変えてみてもいいでしょう。

色を変えるだけでダイエットをすることができるようになれば、通常のダイエットのよりもお手軽にダイエットできるので、非常に魅力的であるといえます。