チョコレートダイエット

ダイエットの敵ではありません!

甘いスイーツはダイエット実践中には避けるべきだと考えている方も多いですが、あまり良くない食べ物のはずだと思われていたチョコレートでもダイエットを実践できることをご存知でしょうか?
チョコレートが大好きという方にとっては夢のようなダイエット方法といえますが、具体的に実践する際に注意したいポイントをご紹介します。

参考:http://mamasup.me/articles/1778

チョコレートに含まれる栄養

チョコレートにはダイエットに役立つと期待できる成分が含まれていることが注目したいポイントです。
有名なのはチョコレートを構成している主な原料のカカオ豆に存在しているポリフェノールです。
抗酸化作用をもたらすことで有名なポリフェノールは、肥満になる要因である悪玉コレステロールの値を減少させる効果の発揮が期待されます。
他にも血液の巡りを良くすることで代謝機能をアップさせ、基礎代謝を高める効果が期待できます。

あらゆる食品に含まれている注目の成分ですが、たくさんの量が含まれていると言われている赤ワインよりもチョコレートの方が多いそうです。
健康維持にも役立つ成分なので、ぜひ積極的に活用しましょう。

他にもダイエットに役立つ注目の成分が食物繊維です。
一見すると食物繊維が含まれているとは思えませんが、チョコレートダイエットを始めたところお通じが良くなったと実感する方も多いことから、豊富な食物繊維の良い効果が実感しやすいことがよくわかります。
お通じが良くなることでデトックス効果をもたらし、余分な老廃物を排出するとともに脂肪を溜め込みにくい体質を目指すことも可能です。
腸の状態が良くなるほどお肌もキレイになれるので、ダイエット効果と合わせて一石二鳥以上の効果が期待できます。

普通のチョコレートでもOK?

チョコレートダイエットを実践する際にはあまり甘くないカカオ含有量が多いチョコレートを選ぶべきだとされていました。
しかし、実際に普通の甘いチョコレートでも実践したところ、成功した事例も多いため普通のチョコレートでも実践可能だと考えられます。

やり方は至って単純で、朝食をとってから二時間後と夕食をとる二時間前を目安にして板チョコレートを一段分だけ食べるようにします。
10時と15時のおやつタイムという感覚でチョコレートを少しだけ食べるのがチョコレートダイエットのキモになります。
この時に水を多めに摂取するのがコツで、食物繊維の効果をアップさせる目的があります。

食事に関しては毎食きちんと摂っても構いませんが、食べる量はいつもより半分にすることがポイントです。
チョコレートを食べているので、食事量を減らしてもストレスが少ないです。
大体一週間くらいを目処に実践し、短期集中的に行うようにしてください。